離婚トラブルで良く出る単語「慰謝料」について

離婚トラブル相談所

離婚トラブルで良く出る単語「慰謝料」について

よく離婚をすると言う時「慰謝料を請求する」という言葉をよく聞くと思います。
ただあくまでイメージしかなく、正しく慰謝料を理解してる人は少ないのではないでしょうか。
慰謝料とは「精神的苦痛に対する損害の賠償として支払われるお金」のことを言います。

例えば、パートナーが決定的な原因がある時、これは慰謝料を取ることが可能です。
浮気好意やDVというのは精神的苦痛を味わった決定打になるので損害賠償の対象になりますよね。

ただ、離婚の原因の1位である「性格の不一致」。
これは慰謝料を取るのがとても難しく、言ってしまえば性格の不一致という原因のまま離婚はできません。
どちらが悪いとも言えないということ、そして双方に責任があるという見解から慰謝料を請求するのは難しいです。

慰謝料というのはお金の問題の中に入る項目で、子供の養育費などと一緒に決定するものです。
夫婦間で金額が決まるというのは極稀なこと。
ここは法律的な問題から弁護士や行政書士に相談という形になります。

勘違いしてる人が多いのは、相談する場所を間違えないということ。
離婚カウンセリングでは法律に詳しい場所もあります。
決定権は無いにしろ、離婚解決から法律問題までのアドバイスは可能です。 しかし弁護士や行政書士に離婚解決の相談をするのはナンセンスです。

離婚をするかどうか迷ってることを弁護士や行政書士に相談しても解答は返ってきません。
あくまで離婚をすると決定してからサポートしてくれるのが弁護士や行政書士になります。
だからこそ、離婚を決意する前に離婚カウンセリングで相談するのがベストだということを言いたいのです。

copyright(C)離婚トラブル相談所