今や離婚問題は人ごとではありません

離婚トラブル相談所

今や離婚問題は人ごとではありません

一昔前は「離婚した」となれば周囲から白い目で見られるという状況でしたが、現在に至ってはそんなことはありませんよね。
その証拠に、現在は日本で1年間に離婚する夫婦は約25万組だと言われています。
テレビで離婚報道が毎日流れる中、感覚が変わってきたとも言えますが、注目すべきことは熟年離婚です。

今さら離婚しなくてもと思っていた50代以上熟年層が第2の人生を送るため離婚という選択を取る人達が増えてきているのです。
もはや離婚はどの世代にとっても珍しいことではありません。
離婚もそうですが、結婚に対する考え方や価値観も変わってきているのだと思います。
自分が離婚を考えていなくとも、急にパートナーから離婚を告げられるというのは人ごとではありません。

しかし、いくら離婚をする夫婦が増えたと言っても、実際に離婚問題に直面すると思うように進まない場合がほとんど。
金銭的にも時間的にも、そして精神的にも膨大な労力がかかるのは目に見えています。

離婚する場合、ほとんどの夫婦が問題にあがるのは2つ。
1つは財産分与と慰謝料などの金銭面での問題。
そして、これは夫婦にもよりますが、子供の親権問題です。

実を言えば、この2つさえ解決すれば離婚はさほど問題ではありません。
この2つがお互いの同意があれば、スムーズに離婚ができるというわけです。

しかし、ほとんどの夫婦がそうですが、離婚という言葉を口に出してから考え始めるということ。
これでは時既に遅しで後手後手に回ってしまいます。
この問題は「離婚」という2文字が頭によぎった時、下調べをしなくてはいけない問題なのです。

copyright(C)離婚トラブル相談所